HOME>オススメ情報>手続きをすると借金の支払い義務がなくなる
離婚届

生前に行うことはできない

身内が亡くなったときに発生する相続のことですが、問題なのは亡くなれた方が借金を残している場合です。相続するのは株や預貯金などだけでなく借金も相続することになるからです。そして相続人はその借金を支払う必要があるのです。しかし法律で相続放棄が認められていて、3か月以内に一定の手続きを行えば相続を放棄できるのです。ただしその期間を過ぎてしまえば相続を認めたことになるので、できるだけ速やかに手続きを行う必要があります。また相続放棄は生前から行うことはできず、亡くなられて初めて行うことができるのでその点は注意が必要です。それから相続放棄を行うには様々な書類を集めたり、家庭裁判所との対応が必要なので非常に手間がかかり面倒です。そのため相続放棄に詳しい弁護士に依頼することをおすすめします。経験豊富な弁護士なら迅速丁寧に手続きを行ってくれます。

弁護士が書類の収集や作成を行ってくれる

相続放棄を行うと相続人でなくなるので、借金があっても支払う必要がなくなります。また財産をめぐってのトラブルから解放されます。しかし預貯金や株などの得をする財産についても、引き継ぐことはできなくなります。また相続放棄をすると次の順位の相続人に権利が移るので、権利が移転した相続人も借金を払いたくないなら、相続放棄の手続きを行う必要があります。それから相続人が亡くなった方の保証人になっていた時は、相続とは別問題になるので支払う必要が出てきます。それに亡くなった方の財産を相続人が処分すると放棄が認められなくなるので気をつけることです。また相続財産になるものとならないものも細かく分けられているので、やはり経験豊富な弁護士に相談すると間違いがなくスムーズに手続きを行うことができます。

広告募集中